渡すタイミングはいつ?結婚式、両親へのプレゼント


結婚式のときに今までの感謝の気持ちを込めて親にプレゼントを渡したいという方は多いです。
しかし、渡したいけれど渡すタイミングが分らないという方も少なくはありません。
結婚式ではどのタイミングで贈り物を渡せば良いのでしょうか。

どのタイミングで渡すと良いかにはこれと言ったきまりはありません。
新郎新婦の好きなタイミングで渡すことができます。
結婚式の途中で時間をとって渡すという新郎新婦もいます。
結婚式の中には、結婚の誓いがあります。
新郎新婦が夫婦、そして家族になる誓いを行います。
このときに新郎は新婦の親の息子となり、新婦は新郎の親の娘になるので、このときに新しい家族になったというお祝いでプレゼントを渡す新郎新婦もいます。

披露宴の最後に新郎新婦から両親への挨拶があります。
この場面で新婦は両親に感謝の言葉を述べます。
そして花束を渡す流れになるのが一般的です。
このときに花束と合わせてプレゼントを渡す新郎新婦が多いです。
最後の挨拶のときに贈り物を渡すと最も自然な流れで渡すことができるので、このタイミングが最も多く選ばれています。

結婚式や披露宴で贈り物を渡すときは、事前に贈り物を準備しておき、スムーズに渡すことができるように事前にきちんと準備をしておくことが重要です。
どうしても渡すのに適したタイミングがないというときは、結婚式や披露宴の前後で両親と顔を合わせる機会に渡しても問題はありません。
最も良いタイミングを選んで渡しましょう。