毛皮の洗い方


09

クローゼットの中にしまいっぱなしの、毛皮のストールやコート。きちんとお手入れできていますか? 実は、この毛皮の衣類というのは、とてもデリケートなもの。たまにクローゼットの奥から出して、カビや虫食いが起きていないかよく注意して観察してみましょう。そんな毛皮衣類のお手入れでよく疑問として挙がってくるのが、「洗う方法」。確かに、どう洗っていいのか迷ってしまいますよね。そこで、今回は毛皮の洗い方についてご紹介します。

毛皮は洗えない?!

毛皮は、特に洗い方に気を付けたい衣類です。なぜなら、毛皮は簡単に色落ちしたり、縮んだりしてしまうから。衣類のクリーニング表示を見ても、水洗いもダメ、ドライクリーニングもダメと書かれているのがほとんど。これでは自宅でどうケアすればいいのか分かりませんよね。基本的に、毛皮は他の衣類のように洗えないことを覚えておきましょう。しかし、汚れをふきとることはできます。

再びフワッとさせる汚れの落とし方

毛皮を何度も着用した場合、どうしても汚れが気になることがあります。そんなときは、中性洗剤やシャンプーなどを薄めて洗浄液を作り、タオルなどに染みこませて、それを毛皮に当てて優しく汚れをふきとりましょう。

その後、リンスを薄めて同じようにふきとり、最後は酢を10倍に薄めたものでふきとります。酢は殺菌作用があるだけでなく、やわらかくする作用があるため、乾いたあとフワっとするといわれています。

ふきとりが終わったら、すぐに日の当たらない風通しの良いところに吊り下げて乾燥させましょう。乾いたら、軽くブラッシングをしてはたくとフワッとして形も整います。

毛皮の汚れは放置せず、自分でできる範囲であれば、ぜひ実践してみましょう!