毛皮のお手入れ方法


07

毛皮はとてもデリケートな衣類です。普段愛用している人も、その取り扱いには苦労していることでしょう。特に、毛皮を買取業者へ買取を依頼する場合には、事前にある程度キレイにしておく必要があります。そこで、毛皮の基本的な手入れ方法をご紹介します。

種類別!毛皮の手入れ方法

毛皮は、基本的に湿気がこもらないようにして保管しますが、直射日光に当てるのは厳禁。カビ予防はもちろん、色つやが悪くならないよう、十分気をつけましょう。

○着用した後

普通、一日毛皮を着用した後は、ハンガーにかけて風通しの良い日の当たらない場所の吊るして放置します。主に湿気を取り除くのが目的です。また、外出中についた埃をとるのも大切。埃を放置すると、毛抜けが起きやすくなるため、軽く叩いたり、振ったりして十分に対策しておきましょう。 防虫剤を利用してカビを防ぐことも考えるのをおすすめします。

○水に濡れた場合のお手入れ

もし雨にさらされてしまった場合は、よく振って水気を切り、自然乾燥させます。濡れが激しい場合には、乾いたタオルで一度水分を取り除くと良いでしょう。

○汚れた場合のお手入れ

もしコーヒーなどを毛皮にこぼしてしまった場合、すぐに水分を拭き取って、蒸しタオルで軽くトントンと叩いて汚れをタオルに移します。

毛皮手入れの注意点

毛皮のお手入れで注意したいのが、皮部分にまで浸透させてしまうこと。毛の部分で留めることをおすすめします。もし皮も水に濡れたり、汚れてしまったりしたら、すぐに専門のクリーニング店か、購入店に相談するのをおすすめします。

また、毛皮はとても熱に弱いため、火気厳禁。タバコやライターで誤って気を燃やしてしまうことのないように注意しましょう。